よくあるご質問

パソコン向けデータ消去ソフトウェア

全般

どういったものがデータ消去可能でしょうか?

弊社の「パソコン向けデータ消去ソフトウェア」では以下のようなものが消去可能です。

  • デスクトップパソコン (Windows7 以前 SSD搭載可)
  • デスクトップパソコン (Windows8 以降SSD搭載可)
  • ノートパソコン (Windows7 以前 SSD搭載可)
  • ノートパソコン (Windows8 以降SSD搭載可)
  • タブレットパソコン (Windows7 以前 SSD搭載可)
  • タブレットパソコン (Windows8 以降 SSD搭載可)
  • Mac (インテル採用モデル SSD搭載可)
  • PCサーバ
  • SDカード USBメモリ 外付けHDDなどの記憶メディア
  • Windowsのファイル HDD・SSDの空き領域

FlashErase / FlashEraseUEFI

FlashEraseとFlashEraseUEFIの違いは何ですか?

FlashEraseはBIOS対応の消去ツール、FlashEraseUEFIはUEFI対応の消去ツールになります。
ご使用になる場合は、消去対象のPCの仕様をご確認ください。BIOS(レガシー)モード非対応のPCやタブレットの場合は、FlashEraseUEFIをご使用ください

HDDのどこの部分を消すのでしょうか? 消したHDDからデータは本当に復元できませんか?

HDDの全ての領域を消します。(ファームウェアから認識できる全ての領域)。消去したHDDはFlashEraseで消去に使った書き込みデータ以外は残りません。
RITEA(情報機器リユース・リサイクル協会)によって復元不可能と認定されたソフトウェアです。また弊社のHDD消去ソフトウェアはこのノウハウを元に作成されています。

どれくらいの時間がかかりますか?

消去対象のPCのスペック(CPU速度)と、消去対象のドライブの容量・転送速度(読込/書込)に依存致します。下記を目安にお考え下さい。

[目安①]
容量 128GB:約30分
容量 256GB:約1時間
容量 1TB  :約4時間
※複数回上書きをする方式を選択した場合、その回数分の時間がかかります。
 (例:NSA(3回書き)方式で消去する場合は、1回書きの時間の3倍の消去時間)

消去方式はどのようなものがありますか?

弊社データ消去ツールはお客様のご要望に応じて様々な方式を取り込むことが可能です。

「一例」

Full
:0で1回書きを行います。
Random
:ランダム値で1回書きを行います。
NSA
:米国国家安全保障局方式準拠(3回書き込み)
DoD5220.22-M
:米国国防総省方式準拠(3回書き込みベリファイ)
SSD Optimized
:弊社独自方式。SSDに最適化した上書き消去方式です。
Quick
:弊社独自方式。部分消去を行い、短時間(数十秒)でデータの読込を困難な状態にします。
 

SSD/eMMCは消去できますか?

SSDやeMMCも消去可能です。※BIOS/ファームウェアで認識しているドライブ
(米国国立標準技術研究所のComputer Security Divisionが公開しているセキュリティ基準に準拠しています)

GPT/MBR両方対応してますか?

GPT/MBRの両方対応しております。(ウルトラエックス独自OSによって動作します)

UEFI対応の他社製品は動かなかったものは FlashEraseUEFIでも消せませんか?

弊社独自のUEFIノウハウで消去できる可能性があります。消去専用に開発した独自OSにより非常に高い起動率を誇ります。

Apple製品のデータは消せますか?

Intelアーキテクチャ採用のMac製品は消去いただけます。(FlashEraseUEFI for Mac)

最新Windowsタブレットのデータは消せますか?

弊社のFlashEraseUEFIで消去可能です。UEFIの32bit/64bitPCに対応しております。
SecureBootが有効でもそのまま消去できます。

パソコン向け動作チェックソフト(PC Inspector)

全般

チェック可能な項目にはどのようなものがありますか?

以下の項目のチェックが簡単にかつ迅速に行えます。またチェックしたい項目のみの組み合わせ動作も可能です。

  • マザーボード / CPU / CPUキャッシュ / メモリ / ハードディスク
  • 光学ドライブ / カードリーダー / LAN / Wi-Fi
  • ディスプレイモニター / Webカメラ / キーボード / タッチパッド / バッテリー

チェックしたいパソコンにソフトのインストールを行う必要はありますか?

チェック対象のパソコンへのインストールは必要ありません。
当ソフトウェアのメディアから直接実行し、すぐにチェックが可能となっております。

 

PCバックアップ作成/展開ツール PCまるっとコピーWIMS

全般

バックアップ作成でバックアップされるものはどういったものがありますか?

バックアップしたいパソコンのハードディスク(SSD)のデータを、コピーし1つのファイルにまとめた状態にして別のハードディスクに保存いたします。
この保存されたバックアップデータの内部には、パソコンにインストールされているWindows自身や、インストールしたソフトも含みます。

※バックアップファイル内部の例

バックアップの復元をすると現在のパソコンの状態はどうなりますか?

バックアップの復元を行うと、今のパソコンのデータはすべてバックアップした状態に置き換わります。
インストールしたソフトウェア、保存したファイルや、Windowsの使用状態など、全てバックアップを作成した時の状態に変更されます。

例えば…
バックアップの作成以後に作成されたファイル → 復元内容に含まれません

バックアップの作成以後に変更したファイルの保存内容 → 復元内容に含まれません

バックアップの作成以後に削除したファイル → 復元されます

バックアップが可能なパソコンはどういったものがありますか?

バックアップの作成、バックアップの復元が可能なパソコンは以下の通りになっております。

デスクトップパソコン
Windows7 (32bit/64bit)
Windows8/8.1 (32bit/64bit)
Windows10 (32bit/64bit)

ノートパソコン
Windows7 (32bit/64bit)
Windows8/8.1 (32bit/64bit)
Windows10 (32bit/64bit)

タブレットパソコン
Windows7 (32bit/64bit)
Windows8/8.1 (32bit/64bit)
Windows10 (32bit/64bit)

上記以外のWindowsパソコン(組み込み用PC・産業用PC 等)についても実績がございます。

バックアップからの復元にかかる時間はどれぐらいでしょうか?

所要時間例は以下の通りとなっております。
パソコンの全容量10GBのバックアップを復元した場合の所要時間は約7分
パソコンの全容量45GBのバックアップを復元した場合の所要時間は約30分

バックアップ時のパソコンの状態により必ずしも同じ結果になるとは限りません。
目安としてお考え下さい。