ハイブリットHDD(SSHD)について

ハイブリッドHDD(SSHD)について

ハイブリッドHHD(SSHD)とは

SSHDは、Solid State Hybrid Driveの略で、ハイブリットHDDと呼ばれます。

HDDの特徴である「大容量」
SDDの特徴である「書き込み速度が速い」

この2つの特徴をいかしたのが「ハイブリッドHDD(SSHD)」です。

 

誕生のきっかけ

ハイブリッドHDDが発売された当時(2007年)は、HDDは大容量で安価でしたが書き込み速度が遅いのが欠点でした。反対にSSDは容量が少なく高価でしたが、書き込み速度が速いのが特徴でした。HDDとSSDの利点を1つにしようと考えられつくられたのがハイブリッドHDDです。

【SSD・HDD・SSHDの特徴比較】

SSD・HDD・SSHDの特徴比較

ハイブリッドHDDの仕組み

ハイブリットHDDの仕組み データの保存領域 HDD領域 キャッシュ領域 SSD領域ハイブリットHDDの仕組み データの保存領域 HDD領域 キャッシュ領域 SSD領域

SSHDは2つの領域があります。
「データの保存領域」の役割を果たすのがHDD、「キャッシュ領域」の役割を果たすのがSSDです。
HDD領域には、頻繁に使用しないデータが記録され、
キャッシュ領域には、頻繁に使用するデータ(OSの一部分など)が記録されます。キャッシュ領域にあるデータは頻繁にアクセスされることを想定し(速度の速いSSDに記録されるので)高速で読み込むことができます。その為このエリアにOSの一部などを記録しておくことで、PCを高速で起動するような仕組みにすることもできます。

※データA・B(頻繁に使用するデータ)はデータの保存領域にも存在し、キャッシュ領域にも存在しています。

 

まとめ

SSHDとは、HDDの特徴である安価で大容量、SSDの特徴である書込み回数の速さ、この2つの特徴を1つにしたものです。
販売当時は、HDDの大容量で、SSDの並みの書込み速度が欲しい方に人気でした。

ハイブリットHDD まとめ

関連ツール

FlashEraseシリーズULTRA-ERASENextErase
PHYSICAL DRIVE ERASEMobile PliersUXファイル抹消