FlashErasepurge

トップ > データ消去 > FlashErase Purge特集

Purge消去認定ソフトウェアとは

データ適正消去実行証明協議会(ADEC:Association of Data Erase Certification)において、当社のデータ消去ツール「FlashErase」※1がPurge消去の認証を取得いたしました。これまで、このPurge消去が正しく行われたかの妥当性を認証する手法はなく、第三者機関によるソフトウェア認証が行われたデータ消去ツールは「FlashErase」が初めてとなります。※2

※1 今回Purge認証を受けた当社消去ツールはFlashEraseシリーズのうち「FlashEraseSSD」です
※2 2020年9月24日時点 当社調べ

ADEC

Purge消去とは

Purge消去(Purge)とは、NIST(米国国立標準技術研究所)が定める3段階のデータ消去レベルのうちの1つです。
レベルは3段階あり、「Clear」「Purge」「Destroy」に分かれています。

Purge消去とは

参考:NIST SP800-88Rev.1

取り扱い機器の機密度と消去ランクの具体例

「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」によると取り扱うデータの機密度に応じて各レベルが推奨されています。

消去ランクの具体例

Purgeのソフトウェア認定について

データ適正消去実行証明協議会(ADEC:Association of Data Erase Certification)は、安心かつ安全に再生PCをご利用いただくために、データの適正消去が実行されたことを証明するための第三者的な機関です。 データの適正な消去のあり方を調査・研究し、その技術的な基準を策定するとともに、これに基づいてデータの適正消去が実行されたことを証明するための第三者的な証明制度の普及・啓発活動を行っています。

主な活動内容

お問い合わせ

    名称FlashErase Purge
    お問い合わせ内容
    貴社名 必須
    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    お電話番号
    郵便番号
    ※住所が自動で入力されます
    ご住所
    ホームぺージURL
    詳しいお問い合わせ内容