RAID

RAID(レイド)とは複数台のハードディスクを組み合わせて効果的に活用することができる技術のことです。

RAIDレベルと言われる区分が、RAID0~6まで存在します。

RAID0

ストライピング
データを分割し、複数のディスクに分散して配置することで、読み込みや書き込みの速度が向上します。

RAID1

ミラーリング(データの二重化)
同じデータを二つのディスクに書き込むことで、片方に障害が発生してもデータの損失を防ぐことが可能です。

RAID2

ハミングコード
データ本体とエラー修正用の冗長コード(ハミングコード)をそれぞれ複数の専用ドライブに分割して保存する方法。

RAID3

データをバイト(ビット)単位で分割し、並列に書き込みます。
エラー訂正コード(パリティコード)を付加することでエラー訂正、データ復旧を可能にしています。

RAID4

RAID3のデータ処理単位をブロック単位にしたもの。
データをブロック単位で分割し並列にディスクに書き込み、パリティコードを固定したパリティディスクに書き込みます。
読み出しは高速ですが、書き込みはパリティディスクにアクセスが集中するため遅くなります。

RAID5

RAID4で固定していたパリティディスクをブロック単位でシフトすることで、パリティディスクへのアクセス集中を防いでいます。

RAID6

RAID5のパリティディスク1台を2台に増やし、同時に2台のディスクが故障した場合もデータの回復が可能になります。

関連ツール

注意事項

本ページにおいて提供する情報に関して万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。