トップ > 用語一覧 > ランダム消去方式

ランダム消去方式

ランダム消去方式はソフトウェアで行う上書き消去方式の1つです。任意の文字や乱数字など、無意味なデータを上書きする消去方式です。

存在するデータの復元を不可能な状態にします。
ゼロ書き(0x00)と比較したランダム消去のメリットは、乱数字で上書きするので元のデータが分かりにくくなる点です。
乱数字で上書きすることにより、固定値で上書きした場合に比べ残留磁気などを利用して元のデータを推測することが困難になります。
また、データ圧縮やバッファリングなどが行われているドライブに対してもデータ書き込みを発生させる効果が期待できます。

関連ツール

注意事項

本ページにおいて提供する情報に関して万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。