Purge

Purge消去(Purge)とは、NIST(米国国立標準技術研究所)が定める3段階のデータ消去レベルのうちの1つです。

「OSなどからアクセス可能なドライブの全領域」と「OSなどからアクセス不可能な領域」に対し上書き消去や暗号化消去などのソフトウェア消去を行い、研究所レベルの復元ツール(ソフトウェア / ハードウェア)を利用しても復元が不可能な状態にします。

物理破壊を行うDestroyとは違い、Purge対応のソフトウェアで消去を行った場合には、Clearレベルの消去を行った場合と同様にハードディスクを再利用することが可能です。

当社のデータ消去ツール「FlashErase」※1がデータ適正消去実行証明協議会(ADEC:Association of Data Erase Certification)において、Purge消去の認証を取得いたしました。

これまで、このPurge消去が正しく行われたかの妥当性を認証する手法はなく、第三者機関によるソフトウェア認証が行われたデータ消去ツールは「FlashErase」が初めてとなります。※2

※1 今回Purge認証を受けた当社消去ツールはFlashEraseシリーズのうち「FlashEraseSSD」です
※2 2020年9月24日時点 当社調べ

関連ツール

注意事項

本ページにおいて提供する情報に関して万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
本ページの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。